ドラマ「赤い糸」・第8回あらすじ フジテレビ「赤い糸」南沢奈央と溝端淳平のドラマ

ドラマ「赤い糸」・第8回あらすじ

ドラマ赤い糸」・第8回あらすじ2009年2月7日放送

竹宮芽衣(南沢奈央)は、高橋陸(木村了)とつき合うことに決めた。
陸は夜間高校に通っているため、芽衣と陸は陸の高校の授業の前に毎日会うことにした。
そのうちに陸は変ってきた。
芽衣を束縛するようになり、暴力を振るうことさえあったのだ。
西野敦史(溝端淳平)は母の夏実(山本未來)のリハビリが順調に進んでいると、以前世話になった医師、太田一平(鈴木浩介)に言うが、太田は、まだ先は長いと言うのだった。
芽衣は山岸美亜(岡本玲)が神谷充(田島亮)と別れたという話を聞き、美亜に会いにいきたかったが、陸はそれも許してくれなかった。
美亜はその頃、川口ミヤビ(平田薫)に誘われ、村越浩市(松田賢二)の店へいっていたが、その翌日、学校を休んだ。
芽衣(南沢奈央)は心配して放課後、美亜を探しに行った。
最初に美亜を発見したのは敦史(溝端淳平)だった。
敦史は美亜の様子に様子から薬物のつかっているのではないかと気づいた。
芽衣(南沢奈央)もそんこに現れ、2人は美亜にそんなことは止めたほうがいいと言うのだが、そこに陸がやってきて
約束を破ったと芽衣を殴る!
敦史(溝端淳平)はそれを止めようとするが、陸は敦史には関係ないことだと言い、芽衣までそれにうなずくのだった!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。