ドラマ「赤い糸」・第11回あらすじ フジテレビ「赤い糸」南沢奈央と溝端淳平のドラマ

ドラマ「赤い糸」・第11回あらすじ

ドラマ赤い糸」・第11回あらすじ2009年2月28日放送

竹宮芽衣(南沢奈央)は、西野敦史(溝端淳平)の母、夏実(山本未來)から突然、謝罪され戸惑うのだった。
夏実は、芽衣の実の母、石川マチ子(山口紗弥加)の死は実は自分のせいだ告白する。
芽衣(南沢奈央)は家に帰り、幸子(渡辺典子)にそのことを話しマチ子が死んだのは何故なのか尋ねた。
幸子は、一通の封筒を芽衣に手渡す。
それは、16歳になった芽衣へと書かれており、実の父である春生(浜田学)が芽衣へ書き遺したものだったが、春生は、すでに病死していた。
一方、藤原夏樹(柳下大)と中西優梨(鈴木かすみ)は2人で産婦人科へ行く決意をしていた。
山岸美亜(岡本玲)も、川口ミヤビ(平田薫)を安田愁(若葉竜也)のグループから抜けさせようと決めていた。
芽衣たち仲間はいつものハンバーガー店に集まる。
夏樹はみんなに、優梨と自分の間にできた子供についてある決意を話すのだった。
店を出ると、芽衣の携帯に中川沙良(桜庭ななみ)からのメールが来た。
敦史(溝端淳平)は沙良からの荷物を受け取っており、その中には沙良の携帯電話も入っていた。
芽衣(南沢奈央)は、鈴の森第二中学校で沙良と会うことにした。
沙良は、携帯電話に以前自分が送っていた「明日の私へ」というメールフォルダから自分の過去を知ったと言う。
沙良は芽衣(南沢奈央)になぜ敦史(溝端淳平)と別れたのか問い詰める!・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。