「赤い糸」とはこんなドラマ! フジテレビ「赤い糸」南沢奈央と溝端淳平のドラマ

「赤い糸」とはこんなドラマ!

ケータイ小説「赤い糸」は、芽衣とアツシの切ないラブストーリーに中高生から圧倒的支持を受けています。
ケータイ小説「赤い糸」は、昨年映画化され大ヒットした「恋空」と並び「魔法のiらんど」では伝説の携帯小説と言われています。
ケータイ小説「赤い糸」は2006年7月下旬に「魔法の図書館」ランキングに初登場して、8月1日にはランキング1位に躍進し、18日間連続ナンバーワンを記録し、2007年1月に書籍「赤い糸」(上巻)が発売されました。
その後発売された書籍「赤い糸(上・下)」、「赤い糸destiny(上・下)」、「赤い糸precious」の売り上げは、延べ180万部(2008年4月現在)の大ヒットとなっています。
このように書籍「赤い糸」は書籍「恋空」を越える売り上げをみせましたが、これまで映像化が実現していませんでした。
それがついに2008年、冬にフジテレビ系で連続ドラマ化され、なんと同時期に松竹で映画化されることになりました。
「赤い糸」を今回フジテレビでは、今までと違う新しい形で原作を映像化します。
あの「電車男」(フジテレビ)や「世界の中心で愛を叫ぶ」(TBS)は、同じ原作を映画、ドラマ、舞台と別キャストでそれぞれの制作者が制作していました。
また、今回の「赤い糸」同様フジテレビ・松竹ということで、1992年に「パ★テ★オ」では単発ドラマでPart1とPart2に分けて放送し、映画で完結するというパターンでした。
今回の「赤い糸」の映像化は今までのケースとは違います。
先行して放送するフジテレビの連続ドラマと、松竹の映画は、同じキャストとスタッフで製作します。
またストーリーもドラマ「赤い糸」の方はドラマならではのエピソードがあり、映画「赤い糸」の方も映画ならではのエピソードがあり、2つの作品のエピソードが絡み合い、トータルで「赤い糸」の世界を切なく表現することになるのです。
そしてさらに今回の「赤い糸」のプロジェクトは、携帯や、放送メディア、書籍、雑誌、イベント等を総合的に絡めていく大がかりなものとなり、これは映画・テレビ界でも初めての試みになるのではないかと思います。
キャストは、主演の芽衣に南沢奈央、アツシに溝端淳平が演じるほか木村 了 、岡本 玲 、石橋杏奈 、桜庭ななみ、など
ドラマ、雑誌でトップクラスの人気を持つ若手俳優、女優が続々と登場してきますので好ご期待です。

この「赤い糸」の監督は映画「電車男」、「7月24日通りのクリスマス」ドラマ「1リットルの涙」の村上正典(共同テレビ)が手掛けます。
posted by ito at 14:18 | 「赤い糸」とはこんなドラマ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。