ドラマ「赤い糸」・第6回あらすじ フジテレビ「赤い糸」南沢奈央と溝端淳平のドラマ

ドラマ「赤い糸」・第6回あらすじ

ドラマ赤い糸」・第6回あらすじ(2009年1月17日土曜夜11時10分〜放送)

一緒に夏休みの宿題を片付けようと、竹宮芽衣(南沢奈央)の部屋に、山岸美亜(岡本玲)と中西優梨(鈴木かすみ)が来ていた。
優梨はナツこと藤原夏樹(柳下大)と一緒に図書館に行ったと話し、美亜は優梨を羨ましがった。
芽衣(南沢奈央)はそんなことよりも中川沙良(桜庭ななみ)が気がかりだった。
芽衣は、西野敦史(溝端淳平)に会えないばかりでなく連絡もとれないでいた。
一方、敦史は母、夏実(山本未來)が別のリハビリ施設に移るため、夏実のそばにいようと思い引越しの準備をはじめていた。
敦史(溝端淳平)は、引越しの荷物の中にまぎれこんでいたアルバムを見つける。
そのアルバムの中には、幼い敦史と並んで眠る赤ちゃんの写真があり、その裏には“敦史1歳、芽衣ちゃんと”と書かれているのだった!
翌日、芽衣(南沢奈央)や美亜たちは、担任の井上準作(矢柴俊博)に沙良が退院したと告げられるが、沙良は大阪の学校に転校することになったという。
下校の途中、芽衣と美亜、優梨、高橋陸(木村了)は沙良の家へ寄ってみたが、沙良は事故の後遺症で記憶をなくしていたのだった!
その夕方、神社で森崎孝道(小木茂光)は敦史に対し、芽衣に何も言わないでいなくなる気かと詰め寄る。
次の日、敦史(溝端淳平)は幸子を訪ね、夏実の荷物の中にあった写真を示して過去に何があったのか聞かせて欲しいと頼む。
幸子は、真実を話し、敦史も芽衣(南沢奈央)への気持ちを正直に言い、ある決意を語るのだった。
引越しの前夜、敦史は芽衣を呼び出した!・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。