ドラマ「赤い糸」・第7回あらすじ フジテレビ「赤い糸」南沢奈央と溝端淳平のドラマ

ドラマ「赤い糸」・第7回あらすじ

ドラマ赤い糸」・第7回あらすじ2009年1月31日放送

竹宮芽衣(南沢奈央)たちは3年生になり高校受験日が目の前に迫っていた。
芽衣はみんなと絵馬を書いて願掛けをしていた。
森崎孝道(小木茂光)もやってきて、芽衣たちに良い心がけだと褒めるのだった。
森崎は、西野敦史(溝端淳平)にもお守りとお札を送ったと話す。
久しぶりに敦史の話を聞いてみんなはその話題でひとしきり盛り上がるが、芽衣(南沢奈央)はその話には入らなかった。
昼休み、山岸美亜(岡本玲)は敦史(溝端淳平)が何も言わないで消えたことを責めるが、芽衣は、敦史が引っ越す日に会ったこと、そして敦史とは終わったと話すのだった。
帰り道、芽衣は高橋陸(木村了)に誘われ陸に同じ高校に受かったら付き合ってくれと告白する。
いよいよ合格発表の日をむかえ、芽衣と美亜は、桜川高校に合格したが陸は不合格だった。
しかし芽衣(南沢奈央)は陸と付き合うことに決めた。
芽衣は高校生活が始まったら陸の授業前に毎日会うと約束する。
美亜も充(田島亮)と付き合うことになった。
そんな時、敦史(溝端淳平)が地元に帰ってきたという話がひろまっていた!・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。