ドラマ「赤い糸」・第10回あらすじ フジテレビ「赤い糸」南沢奈央と溝端淳平のドラマ

ドラマ「赤い糸」・第10回あらすじ

ドラマ赤い糸」・第10回あらすじ2009年2月21日放送

新学期が始まり、竹宮芽衣(南沢奈央)と山岸美亜(岡本玲)は中西優梨(鈴木かすみ)が妊娠していることを知り驚く。
相手は藤原夏樹(柳下大)だった。
芽衣(南沢奈央)と美亜が、そのことを夏樹に話したのかと聞くと、優梨はそれには答えなかった。
西野敦史(溝端淳平)は、田所麻美(石橋杏奈)がカウンセリングを受けるのに付き添って、太田一平医師(鈴木浩介)を尋ねる。
敦史は太田医師に母、夏実(山本未來)が引きこもっていることを相談する。
一方、優梨は夏樹に自分は妊娠はしていないウソをつき、それを聞いた夏樹は安心したと喜ぶのだった。
しかし優梨は夏樹のそんな様子を見て夏樹は自分のことしか考えていないと怒る。
その優梨の様子で夏樹は、初めて優梨の妊娠に気づくのだった。
夏樹は敦史(溝端淳平)に優梨のことを話す。
夏樹は子供なんか育てられるわけがないと言うが、敦史は子供は親を選べないんだと夏樹を責める。
一方、優梨は芽衣に、一緒に病院へ行ってくれるよう頼むが、芽衣(南沢奈央)は、夏樹と話し合ったほうがいいと諭す。
結局、芽衣と美亜が夏樹に会って話すことになった。
その途中で芽衣たちは、川口ミヤビ(平田薫)が安田愁(若葉竜也)らと薬物の取引をしているところを目撃する。
警官が愁たちを取り押さえ、芽衣と美亜、そしてミヤビはその場から逃げた。
その頃、敦史(溝端淳平)は夏実を探しに森崎孝道(小木茂光)と村越浩市(森田賢二)の店に行っていた。
その店には芽衣(南沢奈央)と美亜も来ていた。
敦史(溝端淳平)が夏実が店にいるはずだと問うと、村越は夏実はいないと答えるが!・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。